現代に増える家族葬

家族葬が増える理由

家族葬が増える理由 家族葬という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、一体どういったお葬式なのか詳しくはよく分からないという人も多いのではないでしょうか。家族葬はここ数年で浸透し広がってきたお葬式の一つで、比較的新しい形であり、通常のお葬式とはいくつか違う部分があります。その文字の通り親しい家族だけで亡くなった故人を送るもので、基本は家族のみで行います。親類や親しかった知人を呼んで行うこともありますが、家族葬では非常にまれで、通常のお葬式とは全く逆のパターンとなります。家族のみで行われるので、親戚やご近所同士のつながりが薄い都会、郊外、地方都市ではこの方法でお葬式を行う場合が増えてきています。

現代は皆が忙しく働き、学んでいます。そのためお葬式に関しても通夜や初七日などで何日も時間を取れないといった状況の人も多くなっています。故人を、しかも家族を弔うのに薄情ではないかと思う人もいるでしょうが、現実として時間のやりくりをすることは大変難しい時もあります。家族葬は家族のスケジュールを合わせるだけで行えるので、そうした難しさがありません。

また家族葬が好まれる理由として、人間関係の煩雑さがないという部分も大きいでしょう。通常のお葬式では親戚や友人、知人や仕事関係者など、様々な人たちが弔問に訪れます。多くの準備も必要で、家族は亡くなった故人を偲びたいのにそうする時間が取れない場合があります。悲しむよりも、家に戻った時には疲れ果ててしまっていた、などという話はよく聞かれます。今はお葬式も自宅ではなく専門の斎場などで行われることが多く、諸々の準備などがパッケージされて負担も少なくなっています。それでもやはり心身の疲労はどうしても完全に無くならないのが実情です。

一体誰のお葬式で、誰がどうするために行われるのかを考えた時、家族葬は通常のお葬式よりもっとシンプルな思いを反映していると理解することができるでしょう。故人の家族がただ悼み偲ぶためにだけ行われる家族葬は、まさに家族のためにのみ行うお葬式です。広くお知らせし、故人を知るいろいろな人々に弔問に訪れてもらう通常のお葬式とは対極の位置にありますが、どちらも故人を悼む気持ちは同じです。故人の社会的な立場もあり、どちらがいいのかは一概に決められることではありませんが、それでもやはり一番近しい存在として家族葬を選択する家族は増えています。新しいお葬式のやり方として、今後も広まっていく可能性は大きいでしょう。

最新のお知らせ

  • [2018年11月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年11月09日]
    運営者情報を追加しました。